雑記

マッチングアプリで出会った女と話していたら2人連続で投資用ワンルームマンションを勧められた話

こんにちは。

つらいつらい話?ですが、題名の通りマッチングアプリで出会った女性と話していたらあれよあれよと投資用のワンルームマンションの購入を勧められていったので、体験談を共有したいと思います。
しかも2人連続ですw しかも2日連続www
改めて自分は非モテなんだなと思い知らされるエピソードでした。笑
今となってはネタですが。

話を聞いてて資産形成のために不動産を持つのはありかもと考えさせられましたが、数千万の借金を背負うことになりますので勧められたままにホイホイとマンションを買うのはとても危険だなと思いました。

非モテの心に潜り込んで不動産を売りつけていくというビジネスが許せないと思いつつも、うまいなーと思いました。危うく買うところでしたw
皆さんは引っかからないでくださいね。マッチングアプリはこういったビジネス手法を使うには絶好の場所なんだと思います。ほんと感心します。

それでは早速、あったままに話します。
面白い具合に全く同じロジックで勧められたので、裏ではきっと繋がってるんだろうな、同じ業者なんだろうなって思います。

ちなみに私は現在仕事の都合で東海圏におります。いずれは関東圏に戻る予定です。
これらはすべて名古屋であった話です。
恐らく日本全国でこのようなことが行われているのでしょうね。

1人目;A子

彼女はライバーで生計を立てているとのことでした。へー、面白いなーって思ってご飯に誘ってみたら早速OKをもらい、会うことになりました。

明るくてかわいくてすごいいい子だなと思い、次もデートに誘いました。
そんな中で3回の食事を重ね、4回目のデートの際に、自分がライバーとして生きていく道を紹介してくれた人に会ってもらいたいと言われました。
節税の話に詳しくて今まで色んな人に節税を紹介して感謝されている人だと、経営者の方で色んな業界の方とつながりがあると。

それで会ってみて、喫茶店で1時間くらい話をしましたが、(私がコミュ障で全然しゃべらないこともありますが、)あることないことぺらぺらしゃべってくれてうさんくさいなーって感じでした。

次回は二人で会いましょうということで約束して会ったのですが、早速節税から都心のワンルームマンションの話になって、なるほど面白いなーって思いながらめちゃくちゃ怪しいなーって感じでした。結果怪しい人だったんですが。
なんかしゃべり方が必死すぎて萎えてしまいました。経営者と聞いていたのですが結局マンションを売りつけるだけの営業マンだったんだなと。

次のB美に紹介された方も全く同じロジックでワンルームマンション魅力の投資について語ってくれたのですが、そのロジックについては後半で述べたいと思います。

結構好きになれそうな子だったので、結局マンションを買わせるための思わせぶりな態度だったのかと思うとかなりショックでしたね。
詳しく話を聞いてみると、彼女は月利20%以上のAIビジネスにも投資しているようでした。(月利20%って。。。)

2人目;B美

彼女は地元出身、大学と社会人の最初の間は東京に住んでいたと、そして地元名古屋に帰ってきたということでした。もう信用していないのでどこまでが嘘かはわかりませんが、この辺は嘘ではないのかなーっていう印象です。

初めて食事をしてから早速次の予定を決めました。その際に節税について教えてくれた先輩がいるからその人にも会えるかもということを匂わせていました。

早速2回目のデートで先輩がいらっしゃいまして、3人で食事する形になりました。

この女先輩はゼネコン勤務で、資産運用について真面目に考えていて色んな資産に分散して運用をしており、その中の一つにワンルームマンション投資があるっていうことでした。

彼女にもメンターのような色々と教えてくれた人がいると言うことで、話しているうちに早速その方を紹介してくれるので、一回あってみないかという流れになりました。

この時点でまたうさん臭いなーと思っていましたが、紹介してくれた方がA子と全く同じロジックでワンルームマンションの良さを語ってくれたので、話を聞いているうちはもう笑いをこらえるのに必死でした。ww

こういう商売が今はかなり流行ってるんだなーって改めて感じました。

彼、彼女たちのロジック

ワンルームマンション投資を勧めてくるロジックは2人とも全く同じで、下記のようなメリットを上げておりました。

  1. 東京23区、川崎、横浜、川口というのは今後人口が増え続け特に1人暮らし世代は増え続ける。そして住居の供給が追い付いていないので、需要が減ることは無い。だからこの地域のワンルームマンションに投資することが資産運用の最適解の1つ
  2. だいたい物件の価格が3000万円、このあたりで駅徒歩10分圏内を探せば、家賃10万円で貸し出せる。空室率は1~2%で他に地域に比べると格段に低い
  3. 銀行からローンを引っ張ってきて、ローンの返済は貸した人が払う家賃で賄える。実際に自分の手出しは共益費や管理費のみで月に2万円程度。
  4. 年金対策になる。ちょうど60歳くらいでローンを払い終えたころに、毎月8万円程度の家賃収入が確保できる。
  5. 生命保険対策になる。団信に入っていれば自分がもし死んだとしてもローンの返済がチャラになって物件だけを遺族に引き継ぐことができるので、生命保険に入る必要がない。
  6. 節税になる。減価償却費を自分のサラリーマン収入と相殺することで、確定申告をすれば20万円くらいの税金が返ってくる。

といったところでしょうか。
紹介してくれた2人とも、疑問に思ったことはすべてぶつけて一つでも疑問が残るのであれば投資すべきではないって感じで言ってくれました。お?自信満々だな?って感じですよね。
俺らは怪しい営業マンではないって感じをアピールしていました。
まあ、私がうさん臭いと思ったのは必死すぎるところでした。次のアポをその場で組もうとしてくるし。うーん、もうちょっと余裕を持った感じで接してくれれば私もマンション買ったかもよ?(≧o≦)

本当に儲かるのか?

上記の意見は割と的を得ているような気もします。でも、私は買うには至りませんでした。
株式投資のシミュレーションと比較してみました。

検討前提
  1. ワンルームマンションを購入した場合と同じく月2万円を35年間積み立てるものとする。
  2. リターンは年率5%とする。(配当再投資)
  3. 但し、時間分散を考慮して16年目以降の積立に対するリターンは0とする。(現金積立と同じ)
  4. 35年後に積立評価額の4%の配当がもらえるものとする。

高配当インデックスに投資するイメージでしょうか。
この条件で計算した結果、積み立て元本は840万円(=24×35)35年後の評価額は1,922万円毎月の配当額は6.4万円(税金未考慮)となりました。

かなりアバウトな検討前提ではありますが、毎月2万円の積立でも思ったよりもらえるなーというのが印象です。35年という年月はとても大きいです。

ワンルームマンション購入の場合は3000万円の借金を背負い、一方の株式投資の場合は借金0円で始められるので、かなりリスクが違うかなと。

また、ワンルームでは都心のとあるマンション1室への集中投資、高配当指数では数百社への分散投資になるでしょうから、投資リスクの上でも全然違うのかなと。

まあ、都心のワンルームマンションが今後想定以上のとんでもない値上がりをしてくれる可能性もあるかと思いますが、僕は3000万円の借金を背負う勇気は出ませんでした。
この先何十年もサラリーマンを続けられるかどうかもわからないですし。。。

不動産投資を否定するわけではないですが、私にはあってないです。

やっぱり金融商品、投資商品っていうのは誰かに勧められるがままに購入するのは危険だなと。

株などの投資本に書いてあるのは、銀行の窓口の言いなりになって金融商品を買ってはいけないということですよね。手数料をかすめ取られるだけだと。
彼らは我々から利益をぶんどることを考えているので、私にとってためになる商品ではなく、彼らにとってためになる商品を勧めてくるのだと。
それは不動産でも同じなんですね。

やっぱり自分で調べて納得した上で商品を購入するのが一番大事だと思います。それであれば最悪損したとしても納得できますもんね。他人に勧められた商品を言われるままに購入して損した場合には、やってられません。

人生の大きな決断をするときに急かすような奴らとは付き合っていはいけない。

この手の詐欺師は、スピード重視で今を逃したら一生チャンスは得られないという体で話してきます。
今回はコロナで収入が大きく下がる中で、今のうちしかローンの審査が通らないから今買うことが重要なんだと。

焦らせるんですね。よくわからないままに商品を購入させようとしてくるんです。

マンションを購入するなんて一生に1度か2度あるかという大イベントになります。そんな大きなイベントの決断を焦ってやっていいんですかと。

正直焦って訳のわからないリスクを背負うくらいであれば、そんなリターン捨ててやろうというのが私の意見です。

これまでの人生を振り返ってきて、焦って決断してうまくいった体験なんて何もないなと。むしろ、損しているばかりだなと思います。

自分の人生に関わる大きな決断は、ゆっくりと時間をかけてちゃんと考えて自分で判断するというのがとても大事なんだと思います。

人生は長い、いますぐ決断しないと得られないようなリターンなんてくれてやるよという心がけでこれからの人生を生きていきたいと思います。

いずれにせよ、モテない人間に対してそこに付け込んで商品を売ろうとしてくる商売っていうのは本当最低だと思います。
この記事を読んで一人でも多くの方が救われればなと思うばかりです。

レバレッジをかけて運用に役立てるのはありかと。

まあでも今回このような詐欺まがいの話を聞いている中で気づかされたのは、レバレッジをかけて資産運用を行うのはありなのかなということです。

レバレッジを懸けることで大きなリターンを得ることができます。そしてレバレッジを懸けられるのは何とか失敗してもやり直せる今のうちなんですよね。

ただ、レバレッジをかけてリターンを高めるというのは、リスクを高めることでもあります。

金融の世界ではリスクプレミアムという言葉がございます。超過リターンというのは、リスクを取ることに対するプレミアムなんだと。リスクを取らないとそれなりのリターンは得られないんですよね。

だからこそ慎重にならないといけないなって思わされました。

とりあえず、ライフサイクル投資術という本をポチってみました。

終わりに

何度も言いますが、人生における重要な決断というのは、自分の意志でしっかりと推敲して判断しましょう。焦りは禁物です。人生は長いです。大事に決断しましょう。
急かして決断を迫ろうとしてくる人間に、だまされないでくださいね。

ではでは。ノシ
最近新しい詐欺案件に出会いましたので、お時間ありましたら注意喚起のためお読みください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です