投資方針

【投資方針】自分の投資方針を整理してみた。

こんにちは。資産形成中の貧乏サラリーマンです。

今回は、自分なりの投資方針をまとめたいと思います。というのも、最初の投資方針を変えずに、決まったルールに則って資産運用するのが成功の掟だといろんなところで言いますもんね。

今後、ブレブレにならないように、いったん自分の考えをまとめたいと思います。今後方針を変えるときは、この記事をリライトします。この記事を作成するのは、単純な狼狽売りによる方針変更にならないように、ここに記すことで自分の信念をはっきりさせたいのが狙いです。そうしないと高値買いの安値売りになりやすいですもんね。

私の投資方針

  1. 基本的にバイアンドホールド。買うファンドや株は、30年後を見据えて銘柄選択を。
  2. インデックスファンドと個別株の割合は、75:25±10%を基本とする。
     ⇒ この方針を撤回したいと思います。(2020/01/26)
  3. インデックスファンドは割安な地域を選択的に買い増す。特定の地域の比率が高まってもあまり気にしない。迷ったときはVTを購入する。
  4. 個別株は配当(or優待)目当て。購入目安は配当(+優待)利回り6%以上。
  5. 株式現物100%とする。(40歳までは。現状考えている債権比率の方針をこの記事に記述しました。)
  6. レバレッジ型ETFは投機。売買のタイミングを事前にはっきりとルール分けして必ず従う。(CAPEや金利水準をもとに売買タイミングをルール化したいと思っております。今後、別記事で。)
  7. 入金額は定額で無理ない分を。余剰分を生活防衛資金に充てる。
  8. 投資を続けることを努力する。(精神論ですが、私が市場を退場する原因として怖いのは、リスク許容度以下の下落よりも、「飽きる」ことです。)

ってなわけで見直してみるとさっそく2番が守れていません^^;; 現状のインデックスファンド比率は60%程度です。次回以降の買い付けはETFですね。(たばこ株すごい気になるけど。。。)

レバレッジ型ETFについては、金利分の不利があるのと、ボラティリティが大きすぎるので、割安なタイミングを狙って買い付けられるようなルール化にしたいと考えています。それだけで勝率がかなり上がると思っています、わからないですが。結果として買い付けるぐらい割安の状態の下落にならなかったとしたら、それはそれでインデックス投資家として幸せなことです。^^

それでは、今後も投資で資産を形成できるように、精進していきたいと思います。

ルールの変更がある際には、この記事をリライトしますね。

2018年12月28日

項目3の方針をリライトしました。株式100%は40歳までとすることを明確にしました。詳細はこの記事で。

2020年1月26日

項目2のインデックスファンドと個別株の比率制約を撤回しました。正直、オーバーコンフィデンスではないかという気もしますが、バリュー投資を勉強する中でもっと個別株投資の可能性に懸けてみたいと思う気持ちが大きくなってきました。まだ、資産額が小さいですのでやけどするなら今のうちかなと思っています。バリュー投資、頑張るぞ!


ではでは。ノシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です