投資

学歴の差を投資で埋める

こんにちは。
高専卒の貧乏サラリーマンです。

私自体、高専卒で社会に出てきたので社会の中では割と低学歴なほうに入ると思います。今や、大学進学比率は約6割だそうですね。私は残りの4割に属します。

大卒で就職するのと、高卒や高専卒で就職するのは、生涯年収に大きな差が出てきますね。一般的には皆さんもご存知の通り、大卒のほうが生涯年収は高いです。

生涯年収の差は埋められなくても、貯蓄の差は埋められると思っています。それが投資(インデックス投資)です。投資は複利の効果により、時間が長ければ長いほどリターンを多く得られます。始めるなら早ければ早いほどお得です。

ってなわけで試算してみました。就職後毎月5万円ずつ積み立て投資をして、60歳まで毎年5%のリターンを得られた場合に、学歴差でどれだけの差がつくか計算しました。

【毎月5万円、年間リターン5%で60歳まで積立投資した場合の資産額】
高校卒(42年間) : 8,114万円
高専卒(40年間) : 7,248万円(対高卒 -866万円)
大学卒(38年間) : 6,463万円(対高卒 -1,651万円)
修士卒(36年間) : 5,750万円(対高卒 -2,364万円)
博士卒(33年間) : 4,804万円(対高卒 -3,310万円)

とんでもない差が出ましたね。もちろん、この差を見て、自分の最終学歴を選ぶことは全く良くないとは思いますが、私のように、進学したかったけれども就職を選ばざるを得なかった方に対して、少しでも希望を持ってもらえると嬉しいです。

ちなみに、最近は退職年齢がどんどん遅くなっています。70歳までの積立投資とすると、どうなるでしょうか。

【毎月5万円、年間リターン5%で70歳まで積立投資した場合の資産額】
高校卒(42年間) : 13,971万円
高専卒(40年間) : 1,2561万円(対高卒 -1,410万円)
大学卒(38年間) : 11,282万円(対高卒 -2,690万円)
修士卒(36年間) : 10,121万円(対高卒 -3,850万円)
博士卒(33年間) :  8,580万円(対高卒 -5,392万円)

60歳の時よりも差が大きくなりました。これが複利効果です。複利の世界では時間は味方です。投資は始めるのが早ければ早いほうがいいということです。
そしてもう一つうれしいのが、毎月5万でも愚直に積立投資を続けていれば億り人(投資で資産が1億円を超えること)も夢ではないということです。

もちろん、投資は自己責任です。リスクがあるものなので、必ず利益が上げられるとは限りません。損失を被ることもあります。年率リターン5%という楽観的な妄想をしていることに危機感を覚えないといけないのかもしれません。。。
あくまで投資は自己判断でお願いします。

ではでは。ノシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です