投資

持株会の運用状況

こんにちは。
資産形成中の貧乏サラリーマンです。

先日、家のポストに持株会の運用状況を知らせるハガキが届いていましたので、本日はその状況を報告したいと思います。

積立状況

社会人になって丸十年が経ちましたが、入社してから毎月、毎ボーナスで一定額を積み立てています。

月:3000円
ボーナス:10,000円

年額:56,000円
累計積立額:560,000円

平均すると月5000円いかない程度ですが、10年となると50万円を超えた額が積み立てられているのですね。これは大きいです。

そして、私の会社では積立額に対して20%の補助が出ます。20%、単利とはいえものすごいでかいですよね。

これまで累計で、56万円×20%=11.2万円の補助金を会社からもらっていることになりますね。会社、ありがとう!

運用状況

さて、実際に運用状況はどの程度になったでしょうか。

それは、、、70.1万円! うーん、どうでしょうか。会社からの補助をもらってる割にはそんなに増えてない気もしますが。。。

計算してみました。

積立額に対して年利約4.1%です。この結果は、会社からの補助が大きいです。会社からの積立がなかった場合は、なんと、年利約0.77%です。。。会社からの補助が利益の大部分なんですね。笑

大丈夫かよ、弊社。私が積み立てを始めたのはリーマンショック直後ですので、この間に日経平均もS&P500も最低値から3倍近くになっていますよね。この世間が絶好調な相場に全く乗れていないです。

これが、個別銘柄投資の怖さですね。持株会の場合、自分のサラリーマン債券も全力で投資していることになりますから、リスクが高いです。

※サラリーマン債券とは、自分の給料を債券金利としてみた場合に、自分が債券としていくらの価値があるかを試算することらしいです。この場合、債券の保有者は給料を払ってくれる”会社”になりますね。

まあ、でも20%の補助金はほんとでかいです。今後マイナスリターンになる可能性も否定はできないですが、気ままに積立を続けたいと思います。

逆に今の割安な状況で自動的に積み立ててくれるからこそ、将来の爆益が待っている可能性もあるのです。割と期待しています。

頑張れ、弊社!

資産として無視できない

今回改めて思いましたが、コツコツ10年貯めてきたこの持ち株、私の資産としても大きな割合を占めています。

どうやら先月のつみたてNISAで楽天VT(楽天全世界株式インデックスファンド)を積み立てるまで、私のポートフォリオ保有比率第1位を占めていたみたいです。

これからも、私のポートフォリオの中で大きな比率を占めるのは間違いないでしょう。

ではでは。ノシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です